読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

買い物

齢を重ねるごと買う物も変わってきた。10代、20代と見てくれに至上性を持たせて、服を買い漁り、30代、家庭を持ってからは、自身のものより、ドメスティックなものに比重が置かれるようになってきた。それは、行動域が変わってきたということであり、生活が単調に流れ出したということだ。

  だから、急な予定など入ると、そこに取りつくまでに、しばし、逡巡する。パートナーの意見を聞いてからということに変化してきたが、この辺りから「モノ」に対して距離が生じてきた。

そう、あれこれ考えるようになってきたということだ。慎重とは違う、「モノ」の可能性が見えてきたと言えばいいのか。

それに加えて、消費スピードが格段に早くなってきていて、それ期限付きの「モノ」であり、又、我々もそれに対しての目利きも鈍化していることも歪めない。

 耐久性とは現在、何処かしら、胡散臭い、空無な言葉として流通して、我々もまた、それに、意味を持たせず、只々、浮遊する記号として消費している。

 

それどこ大賞「買い物」バナー