読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

端倪すべからず

作家のことを知りたければ、エッセイが良いとは誰の言葉だろう。こんなことを思い出したのは「陰翳礼賛」を読んでからだが、一般に耽美と符牒がつく谷崎の本懐をちらりと垣間見た気がする、あくまで気がするだけである。

 宙ずりの心地よさ、完璧な着地より、危うい着地