読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ダイエットとリバウンド

ダイエットをしても、大して変わらない、逆に体重が増えた、所謂、リバウンドですが、こうした、停滞、プラトー、悪循環からの脱却を日常生活に即して、具体的に考えたいと思います。 ダイエットイコール体重減と思わるかもしれませんが、それだと、早くもリ…

育毛剤の正しい選び方、注意事項

薄毛の原因として遺伝が主な要因と言われているが、最近は、加えて生活環境の変化、食生活、込み入った社会関係からのストレスも挙げられる。 以前、よく聞かれた遺伝によるものというのは、もちろん要因としてはありますが、最近は先にあげたものが多くなり…

買い物

齢を重ねるごと買う物も変わってきた。10代、20代と見てくれに至上性を持たせて、服を買い漁り、30代、家庭を持ってからは、自身のものより、ドメスティックなものに比重が置かれるようになってきた。それは、行動域が変わってきたということであり、生…

風に吹かれて

文学とは何か?こんなことを今さらながらに考えさせられたのは、先のノーベル文学賞を歌手のボブディランに授与したからだ。 文学とは小説だけでなく、戯曲、詩人等々も受賞しているが、歌手となるとこれは初めてである。 文字を使うんだから同じではないか…

これからの映画100

先程、英国批評家による新たな映画が選ばれた。 日本から宮崎駿が選ばれ、以前の小津、黒澤、溝口もその役割を終えたのかと、思いつつ、そのイディオムを受け継ぎ、批評的に乗り越えを謀る作品が並んだ。いくつかは鑑賞した。残りは、発表してから観たが、共…

サウダージ

哀愁と言っても、人それぞれだと思うが、自身が先ず思い浮かべるのはアントニオカルロスジョビンの曲だ。悲でなく、哀。どちらも悲しみだが、前者はどちらかというと、崇高な感じ、神話ではっきりこれが、通奏低音になって、話に進むが、ここに観ているもの…

端倪すべからず

作家のことを知りたければ、エッセイが良いとは誰の言葉だろう。こんなことを思い出したのは「陰翳礼賛」を読んでからだが、一般に耽美と符牒がつく谷崎の本懐をちらりと垣間見た気がする、あくまで気がするだけである。 宙ずりの心地よさ、完璧な着地より、…

あなたと夜と音楽

急に寒くなってきたので、前日服の入れ替えをしていると、押入れからCDケースが出てきた。中は当時、と言っても5年ぐらい前だが、図書館で偶然見つけた「歴史を変えたロック」と大言壮語とも思えるタイトルの本をもとに集めたものが収納されていた。わんさか…

猫と犬と飼い主と

飼われている方は分かって頂けると思いますが、犬の時間、猫の時間、ホント違いますね。 当初、犬だけの時は「時計」に忠実な生活、 朝はキッチリ散歩、その後ごはんを食べてもらい、その後、しばしの睡眠、と又起きだし散歩の催促。 それはそれで「規則」と…